沖縄県では、1月20日から県独自の緊急事態宣言が発生されました。その成果もあり新型コロナ感染者は減少し2月28日に緊急事態宣言が解除されました。

ところが、3月27日の新規感染者は98人、3月31日には111人と感染者が増加し再拡大しています。

新型コロナは、発熱などの自覚症状はないけど感染していたというニュースを聞きます。

そんなコロナ禍の中「自分はコロナに感染していないのだろか?」そう不安に感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

私もその一人で自分の体のことが心配になります。

そこで、沖縄でPCR検査を実費で受けるといくらぐらいなのか調べてみました。

沖縄県で民間のPCR検査を受けると費用は実費でいくらなんだろう?

まず、最初に問い合わせをしたのは沖縄県の新型コロナウイルス感染症相談窓口です。

コロナウィルスの症状が無い場合や濃厚接触者じゃない場合は、民間のPCR検査を紹介されました。

民間のPCR検査実施病院は県内にいくつかあり、住んでいる地区に近い5カ所を紹介していただきました。

電話で費用や予約状況を確認して選ぶことになります。しかし実際に各病院に問い合わせてみると・・・

2万~3万前後!!これは高い。。。

こんなに高くては収入も減少しているのにPCR検査を受けることはできない!

もっと安値でPCR検査は受けられないのか・・・

次に問い合わせたのは那覇空港PCR検査プロジェクトです。

沖縄県に渡航される方に対し、渡航前のPCR検査を実施しています。

料金は5,000円(県内在住者は3,000円)です。

問い合わせた時期は、ちょうど運営体制が変わる時期だったようで対応がイマイチでした。

この時点では、沖縄県に渡航する人が対象で、県外へ行く人は対象外となっていました。変ですよね?

そこで思い出したのが、職場の友人が薬局でキッドが販売されていると言っていたことでした。

早速、ネットで「沖縄 薬局 PCR検査」と検索してみました。すると『すこやか薬局』がヒット。

『すこやか薬局』問い合わせてみました。

すこやか薬局では、2月10日(水)から新型コロナウイルスPCR唾液検査受託が始められ、沖縄県内10店舗で受けることができるそうです。

検査方法は、車の中で唾液を採取する方法。

検査費用ですが、沖縄県在住の人なら県から補助金がでるので通常7,700円(税込)かかるところ、なんと2,700円(税込)で受けられるとの事!

安い!これなら家族全員受けられる。

どうして、県の相談窓口でこのような安い金額で検査が受けられる所を紹介しないのだろうか? (※この情報は2021年4月2日現在)