h-1  

サトウキビ畑に立つ白いコンサートホール

知念岬をはじめ、あざまサンサンビーチ、新原ビーチ、百名ビーチといった美しいビーチや、世界遺産の斎場御嶽をはじめ、久高島、樋川といった歴史的な聖地をめぐることができる沖縄本島南部を代表する観光地南城市。 その南城市に、1994年に沖縄で初めての音楽専用のコンサートホールが建てられました。それが南城市文化センター・シュガーホールです。 シュガーホールが建てられた場所は、南城市佐敷、サトウキビ畑が一面に広がる自然豊かなところです。国道331号線を走り、佐敷郵便局がある信号を海側に曲がると白いきれいな建物が見えてきます。 そのシュガーホールの最大の特徴は、生の音を最大限に活かした音響空間が自慢。音楽を中心とした南城市の芸術文化の発信拠点として、クラシック音楽をはじめ沖縄民謡、コーラス、ミュージカルなど様々なジャンルの音楽や芸能のステージが毎月開催されています。 また、シュガーホールが開館したのを記念し、若い新しい音楽の才能の発掘を目的に南城市と沖縄電力株式会社と沖縄タイムス社が主催となり、新人音楽家の登竜門と言われている「おきでんシュガーホール新人演奏会」を毎年開催。今年も5月24日(日)に21回目が開催されました。 シュガーホールの客席数は510席、そのほかに車椅子席が7席、親子席が8席用意されています。敷地内には、中庭があり、そこには野外ステージが設けられており、ジャズコンサートなどのイベントが行われています。 このシュガーホールを利用する際の料金はどのくらいだろう?と思い調べてみると、入場料を徴収する場合と、しない場合によって違い、入場料を徴収する場合は、その徴収の金額や曜日・時間帯によっても変わります。また、リハーサル室やコミュニティ供用施設のみで借りることもできるようです。

シュガーホール基本情報

名称 : 南城市文化センター・シュガーホール 住所 : 〒901-1403 沖縄県南城市佐敷字佐敷307 TEL : 098-947-1100 FAX : 098-947-0099 駐車場 : 約200台  

シュガーホールへの地図