manza-1

2019年の万座ビーチの海開きは3月3日!

今年の万座ビーチの海開きは、なんと3月3日の雛祭りの日!とっても早いですね。まだ、海水に入るのは寒そうですが、当日は、オーシャンパークが無料開放になり、遊泳されたお子様には無料の温かいスープが用意されているるそうです!皆さん西海岸まで家族で出かけましょう!

多様なキッズプログラムが用意されています!

子供も一緒にファミリー揃って楽しめるホテル!そんなホテルを求めている方におすすめなのがANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートです。 家族で海に行って楽しもう!と思っても、マリンレジャーは、子供には年齢制限があるところが多かったりします。 しかし、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートでは、バリエーションに富むキッズプログラムが用意されています。 口コミ情報でも、ホテルスタッフのホスピタリティが高く、子供連れでも楽しめて安心と評価が高いです。 manza-7 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートがある場所は、沖縄本島中部恩納村のリゾートエリアの真ん中くらいに位置します。 沖縄海岸国定公園地域の本島で随一の景勝地「万座毛」、その万座毛からほど近い対岸の岬万座毛を一望できる美しいロケーションに建てられています。 manza-6

ホテルは沖縄海岸国定公園地域内

ホテルが建ているその岬は、沖縄海岸国定公園地域内。約14万㎡の広さで、サンゴ礁に囲まれています。沖縄返還前は海亀が訪れており、よく産卵を見る事ができ、地元の人は「亀の浜」と呼んでいたんだそうです。 なんと!その岬全体がホテルの敷地という贅沢な立地条件。どこからでも、エメラルド色に輝く美しい海が眺められます。 ホテル内部は、ロビーに入るとホテルの目玉である、高さ約35mの最上階の9階までの大胆な吹き抜けがあります。これは圧巻です! 客室は、どの部屋にもバルコニがついており、全ての部屋から海の景色が眺められるオーシャンビュー。 完全個室のエステや沖縄の海洋深層水を使った大浴場もあるので、ゆったりとお湯につかって心身ともにリラックスできます。 また、お食事は、お寿司などの日本料理、琉球料理、チャイニーズダイニング、鉄板焼きやステーキ、ブッフェ、と言った多彩なレストランが揃っています。 manza-8 そして、さらに自慢なのが、ホテルのビーチゾーン。 環境省が選定した快水浴場百選の特選にも選ばれた、万座毛を望む白砂のプライベートビーチが広がり子供から大人までアクティブに楽しめる、豊富なマリンメニューが揃っています。 お得で充実したマリンパックも用意されているので、思いっきりマリンレジャーを楽し見たい方にはおすすめです。 manza-9 ▲ マリンレジャーの受付は、ビーチゾーンにある総合カウンター「ビーチインフォメーション」で。 manza-2 また、ビーチサイドにはプールがあるので、ゆっくり過ごしたい方はプールサイドで海を眺めながら時を過ごすのもいいですよね。

万座ビーチの歴史

ずいぶん古い~話しになりますが、私が若いころ、万座ビーチといえば "全日空" で知られていました。いつから "インターコンチネンタル" というブランドがついたんだろう? ちょっと調べてみると・・・ 1982年に全日空がホテルと合わせた一大リゾートゾーンの開発をはじめ、1983年6月に万座ビーチホテルが完成し開業。 余談ですが、1984年に、薬師丸ひろ子さんと野村宏伸さんが主演した青春映画『メインテーマ』と言う大ヒットした映画があり、その、ラストシーンで使われたホテルが万座ビーチホテル。 そのころは、沖縄にリゾートホテルがあまり無い時代で沖縄旅行に行って、万座ビーチホテルに泊まるのが夢だったなぁ。。。すみません。話がそれてしまいました。話を戻します。 その後、2004年に20周年を機に大規模なリニューアルを行い、『万座ビーチホテル&リゾート』と名称を変更。 さらに5年後、2009年4月1日より、万座ビーチホテル&リゾートは、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートに生まれ変わります。 老舗と言われるまでには、いろんなことがあるんだと思いますが、沖縄のリゾートホテルとして30年以上、進化をし続け、現在も、沖縄リゾートホテルの人気ランキングの上位に選ばれるのは本当に凄いことです。

ホテルの基本情報

所在地 : 〒904-0493 沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260番地 電話番号 : 098-966-1211(代表) FAX番号 : 098-966-2210 ホームページ : http://www.anaintercontinental-manza.jp/

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートを地図でさがす!

施設情報!

客室 : 全室禁煙ルーム/397室 駐車場 : 620台 【料飲施設(ホテル)】 •アクアベル オールデイダイニング •雲海 日本料理 •オーキッド 琉球料理 •花梨 リゾートチャイナ •コーヒー&カクテル「オーシャンカフェ」 •バー「ウェイビー」 【料飲施設(ビーチ) 】 •ザ・グリル ステーキハウス •ちゃんぷる ビーチ居酒屋 •パルメイト カラオケルーム •ビーチパーラー(季節営業) •シェル ビーチ宴会場 【レジャー施設(ホテル)】 •大浴場・サウナ •うるもスパ(スパ&エステサロン)・マッサージ •ダイビングセンター •ロッカー・シャワールーム(男女) •コインランドリー •ガーデンプール •ジャグジー&サンルーム 【レジャー施設(ビーチ)】 •ビーチ •入口料金所(季節営業) •ビーチ総合カウンター「ビーチインフォメーション」 •ロッカー •シャワールーム(男女) •ビーチサイドプール(季節営業) •パターゴルフコース(9ホール) •テニスコート(ナイター設備有り) •文化村「紅型教室」 【売店施設(ホテル)】 •ホテルショップ •朝市 •手作り工房ショップ •セレクトショップ •コンビニエンスストア 【売店施設(ビーチ) 】 •ビーチショップ 【チャペル】 •アクアルーチェ・チャペル •コーラルヴィータ・チャペル (引用 : ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート公式ホームページ)